スポンサーサイト

  • 2017.03.13 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    猫疥癬について 〜目次〜

    • 2016.03.12 Saturday
    • 12:44
    『老猫?砂まみれ?皮膚病?』と思うような、角質まみれの状態で現れた、白黒猫♂《こう》の様子についての記事一覧。

    猫疥癬の治療経過と、元ノラ保護猫が、身も心も家猫に変身するまでの、3ヵ月間の記録です。

    【出会った日】
    1.保護する瞬間・・・・さわれないオトナのノラ猫を保護した瞬間。
    2.病院にて ・・・・・・暴れるかもしれないノラ猫への対応。
    3.自宅へ ・・・・・・・用意した物と、ケージへの移動。
    4.自宅にて隔離開始・・更に用意した物など。

    【元ノラ猫と暮らす】
    5.保護当日の夜〜翌日の朝
    6.2日目
    7.3日目・・・・・・・子猫ミルクとトイレの状態
    8.4〜8日目・・・・・保護猫と先住猫
    9.調べた事まとめ ・・・症状・治療法・周囲への感染・保護したら・など。
    10.9・10日目
    11.11・12日目・・・保護猫の慣らし方、ちょっとした暑さ対策など。
    12.16日目/ケージを抜け出すの巻・・・・・・手作りケージのデメリット。
    13.18日目/ケージを開放・・・・・・・・・・慣れて来た保護猫を、室内に開放する時の準備。
    14.22日目/ケージを拡張・・・・・・・・・・手作りケージと、ゴハンのしつけなど。
    15.約4週間後、2回目のレボリューション ・・・病院での診察結果など。
    16.捕獲のやり方/さわれない成猫の場合
    17.4週間後・・・保護当日との比較写真。

    【家猫に育てる】
    18.1ヵ月と2週間後/さわれる!・・・2回目のレボリューション後、ふれ合うことに慣れさせ始めました。
    19.1ヵ月と3週間後/フードチェンジと歯磨きオヤツ
    20.1ヵ月と3週間後/甘えん坊疑惑
    21.2ヵ月後/去勢手術と歯・・・・・・3回目のレボリューションと、去勢手術と、歯の診察を併せて。
    22.2ヵ月と数日後/自ら膝へ
    23.2ヵ月と1週間後/初めてトイレを失敗
    24.2ヵ月と1週間後/トイレトレーニングもどき
    25.2ヵ月と2週間後/解決しました
    26.2ヵ月と3週間後/膝の上でお昼寝
    27.約3ヵ月後/添い寝・・・・・・・・家猫に変身完了。

    【まとめ】
    28.数週間をザックリまとめ
    29.アクセス履歴より Q&A

    ★猫疥癬以外についての《こう》の記事はコチラ→ 《こう》目次 ★
    ★目次の一覧へ戻る★

    アクセス履歴より Q&A

    • 2016.03.02 Wednesday
    • 03:30
    猫疥癬についての検索から訪問してくださる方も多いようなので、

    アクセス履歴の検索ワードを、質問に見立てて、猫疥癬について調べたことを書いてみようと思います。



    ※『濃厚接触でないと移らない』という情報もありましたが、念のために、

    一般的に浸透している『移りやすい』という前提で書きます。



    【Q:猫疥癬に、ヒトが感染したら、どんな症状?】

    A:赤い発疹が出て、夜間にかゆみが増す。

    子どもやお年寄りは発症しやすいが、健康で体調の良いヒトは、潜伏していても発症しないこともある。

    潜伏期間は数日から数週間。

    発症した場合、人の皮膚科にかかり、軽度であれば2週間、重度であっても2ヵ月で完治する。

    猫疥癬は、猫の皮膚を好むダニによるものであり、人疥癬のダニとは種類が異なるため、重度になる可能性は低い。

    猫疥癬のダニは、人の皮膚では長くは生息できないらしい。



    【Q:猫疥癬が、ヒトからヒトへ、移ることはある?】

    A:ある。

    猫→ヒト、ヒト→ヒト、ヒト→猫、などのルートがある。

    ヒト→ヒト の場合の症状は上記の通り。

    猫→ヒト→猫 の場合は、猫→猫 で移った場合と同じことになる。



    【Q:猫疥癬は、何回のレボリューション接種で治る?】

    A:通常3回。

    1回目は、現時点で成虫になっているダニを退治。

    2回目は、1回目の時点では卵だったダニがかえって成虫になった所を退治。

    3回目は、退治しそこねた可能性をなくすための念押し。

    それぞれ、3〜4週間の間隔をあけて、接種する。

    7/16に1回目接種、8/12に2回目接種、9/16に3回目接種しました。



    【Q:レボリューションの副作用が出る可能性は?】

    A:舐めてしまわなければ、ほぼ無いらしい。

    まれに、接種した部分の毛がハゲたりするが、その程度。

    もし乾く前に舐めてしまったら、嘔吐、ヨダレ、口から泡、ぐったりしている、等の症状が出ることもあるらしい。

    舐めないように首の後ろに付けますが、不安であれば病院でしてもらいましょう。



    【Q:猫疥癬が再発することはある?】

    A:ある。

    ダニを完全に退治し終わる前に治療をやめたり、

    一旦完治してもまた猫疥癬のダニに感染すれば、再発する。



    【Q:猫疥癬に対して、どんな消毒が効く?】

    A:熱湯消毒のみ。

    一般的なダニも同じですが、乾燥や日光では死滅しない。

    (仮死状態になるのみで、湿気が戻ったりすれば復活する。)

    猫疥癬の猫が使ったもの(タオルや食器)は熱湯消毒し、

    私達が着ていた服は乾燥機で熱にあてる。(アツアツの温度で。)



    【Q:猫疥癬の猫を、保護する時は、どんな風にしたら良い?】

    A:出来れば触れずに保護できると安心。

    捕獲器か、エサで釣ってキャリーに入れるなど。



    【Q:猫疥癬の猫を、隔離する時は、どんな風にしたら良い?】

    A:1室を、猫疥癬の猫のための部屋にしましょう。

    ケージで分けるだけでは、ダニが跳ぶことがあるかもしれません。

    畳の部屋の場合、畳の中にダニが入ることもあるらしいので、レジャーシートなどを敷きました。

    多頭飼いの場合、毎月のレボリューションをしていれば、移っても発症しないまま退治できていたということもあると思いますが、

    子猫や老猫や、何かの事情でレボリューションをしていない猫がいる場合は、別々の部屋で過ごすのが安心。



    【Q:猫疥癬の猫の、目が気になるのですが・・・?】

    A:猫の頭部に最も棲み付きやすいので、頭部に最も重い症状が出ていました。

    ダニに棲み付かれた皮膚は角質化して、分厚くかたくなるので、まぶたが開きにくくなります。

    (目つきが悪い感じになります。)

    まぶたが開きにくく、光を取り込みにくいからか、瞳孔の動きも少ないように見えました。

    重度の場合、目が開けられず、全く目が見えない状態になることもあるらしい。



    ★猫疥癬について〜目次〜に戻る★

    数週間をザックリまとめ

    • 2016.01.10 Sunday
    • 12:50
    アクセス履歴を見ていると、猫疥癬についての検索が多いみたいなので、もう一度軽く書いてみようと思います。







    7/16 毛並みがボロボロ、ガリガリの状態で保護。(もうオレ死ぬ、みたいに見えました。)



    捕獲してすぐそのまま病院へ直行。レボリューションを付けてもらって、抗生物質を処方してもらう。







    手足は、掻きすぎて流血している所や、化膿してデキモノになっている所も。



    特にひどいのは頭部で、オデコの角質が分厚くなってシワシワで、まぶたが重たそう。(最初は目が見えないのかと思いました。)



    耳も、砂まみれのように見えるくらいに角質化。







    ウエットフードに抗生物質を混ぜて、栄養補給のために子猫ミルクも与えました。(自分で飲み食い排泄は出来ました。)



    約2週間後には、100円均一の材料で手作りしたケージを抜け出すくらい元気に。(やっぱり既製品の方が安心です。)



    皮膚の状態は少しはキレイになってきたけど、まだかゆそうにしていて、角質がボロボロ落ちる状態。







    8/16頃 2回目のレボリューションをしてもらいに病院へ。



    (自宅で出来るならその方が良いと思いますが、まだ触われる程に馴れていなかったので、頑張って病院へ連れて行きました。)







    9/16頃 3回目のレボリューションと、去勢手術の為に病院へ。ほぼほぼキレイになっていたので、念押しの1滴。



    体重も増えて4kgに。多少汚れのような黄ばみのような感じはありますが、疥癬はほぼ完治です。







    レボリューションの1回目は、今、成虫の、疥癬ダニを退治。



    3-4週間後の2回目は、1回目の時にはまだ卵だった疥癬ダニが成虫になった所を退治。



    さらに3-4週間後の3回目は、退治し残した疥癬ダニの可能性のための、念押し。



    たった3回のレボリューションと、栄養と、清潔な環境だけで、完治しました。



    見た目はかなり可哀想ですが、内臓とかの難しい病気よりも、簡単に治るようです。







    大変だったのは、人間のほうの着替えと、消毒です。



    『猫疥癬』は、基本的には『猫のみに』棲み付きやすいダニらしいですが、人間にも症状が出ることがあるらしいのと、



    猫同士の接触がなくても、人間を介して他の猫に移ることがあるので、疥癬のコを1部屋に隔離するのはもちろんのこと、



    その部屋を出入りする度に着替えをしました。



    真夏でしたが、毎回、長袖長ズボンに靴下も履きました。



    更に、疥癬ダニは『熱』でしか死滅しないらしいので、真夏に、モワモワと熱湯消毒をしたり、乾燥機を回して熱を通したりしました。



    今ではツヤツヤの甘えん坊です。



    治療中には特に、たくさんの方にお知恵や情報をいただき、とても助けていただきました。



    改めて、ありがとうございます。







    ★猫疥癬について〜目次〜に戻る★

    約3ヵ月後 〜添い寝〜

    • 2015.10.11 Sunday
    • 12:32
    今朝、私を起こしに来て、そのまま布団に入って来ました。

    数日前から、布団をかぶったまま手を伸ばしてナデている時に、

    布団の中をのぞいてみてはいたのですが、今朝初めて入って来ました。

    こうくん♂にとっては腕枕で、私にとっては抱き枕。

    少しだけで、すぐ出ちゃいましたが、ぬくかったです、体温も気持ちも。



    ネズミさんのオモチャが、お気に入りです。



    これはもう、立派な家猫って言って良いということにしてもらいましょう!

    角質まみれだったとは思い出しにくいような、いい毛ヅヤになりました。


    ★猫疥癬について〜目次〜に戻る★

    2ヵ月と3週間後 〜膝の上でお昼寝〜

    • 2015.10.09 Friday
    • 01:30
    こう♂は、おしゃべりさん。

    甘々の時は、ダミ声になります。

    私のクシャミにも、返事してくれます。


    『乗ってる時に、ツバ飛ばさんといてな。』


    『おやすみー。』

    黒い部分の毛ヅヤが出て来たように思います。

    ちゃんと、3回のレボリューションで、キレイになったなーと実感出来ます。


    ★猫疥癬について〜目次〜に戻る★

    2ヵ月と2週間後 〜解決しました〜

    • 2015.10.01 Thursday
    • 12:10
    こう♂が、固体の方を、失敗していた件。

    ラグを撤去したら、今までのトイレで出来るように戻りました。

    やっぱり、ラグの毛足が長いのが原因かな。

    出先から帰宅したら、ちゃんとトイレに出来ていて、めちゃめちゃ褒めてしまいました。

    火曜の朝も、水曜の朝も、今まで通りのトイレで出来ました。

    お騒がせでした。



    今度は、あまりフワフワしていないラグを敷きました。

    大丈夫かなー。



    『ぱー』

    手足の黄ばみも減って、1本1本の毛が長くなって来たように見えます。


    ★猫疥癬について〜目次〜に戻る★

    2ヵ月と1週間後 〜トイレトレーニングもどき〜

    • 2015.09.27 Sunday
    • 12:11
    何で液体の方は今までのトイレに出来るのに、固体の方はじゅうたんになったんでしょう。

    毛足が長めの、ふさふさしたラグだったから、芝生みたいな感じで、心地よいのカシラ。

    ラグは撤去。

    レジャーシート敷きに戻しました。

    トイレは3個体制。

    紙砂+ヒノキの砂、紙砂のみ、ベントナイトの砂のみ、の3種類バイキング形式。

    トイレトレーニングもどきです。




    朝は甘々。

    ナデナデを止めると『きゃっ。』と鳴きます。



    しゃんがんだ私に、シッポを巻きつけながらクルクル回るので、シッポの先がよく鼻に入ります。

    『こんな感じ?』



    何だか、疥癬だった頃の皮膚病の状態を、思い出せなくなって来ました。


    ★猫疥癬について〜目次〜に戻る★

    2ヵ月と1週間後 〜初めてトイレを失敗〜

    • 2015.09.24 Thursday
    • 19:35



    さっき、仕事から帰って来て、こうくん♂の部屋に入ったら、部屋の真ん中、じゅうたんの上に、

    『ころころころころりんっ。』

    すごい健康なウンピが転がってました。

    液体は、ちゃんとトイレにしてあります。

    なんでやねんっ。



    ヒノキの砂は前から使ってみてるし、
    ユルかったのは手術後2日だけだったし、
    液体の取り残しがあっても、ちゃんと隣に固体をしてることもあったし、、、。

    1度も失敗が無かったコなので、トイレ1個で行けるかなーと気を緩めたのがミスだったカシラ。

    今からもう1つ用意します。

    シルバーウィークの休みの間、ずっとこうくん♂と過ごしていて、

    今日から出勤だったから、寂しかったとかだったら可愛いなーと思ったけど、

    脱ノラしたてのコがそれは無いよなー、、、。



    幸い、じゅうたんの毛にもどこにも、残ったりせずキレイに片付けられました。

    ステリで消毒しましたが、本ニンはニオったりしていました。

    お腹の調子が悪いとかじゃなかったら、それでイイですけどねっ、全くもーっ。



    黄ばみも少し、減って来たような。

    仕草が、家猫らしくなって来ました。



    ★猫疥癬について〜目次〜に戻る★

    2ヵ月と数日後 〜自ら膝へ〜

    • 2015.09.20 Sunday
    • 17:29
    自分からヒザに乗って来ました!




    ゴロゴロ言ってますっ。

    祝!初ヒザ乗り!

    嬉しすぎますっ。

    心身ともに、家猫に近づいてます!


    ★猫疥癬について〜目次〜に戻る★

    2ヵ月後 〜去勢手術と歯〜

    • 2015.09.17 Thursday
    • 12:45
    こう♂の去勢手術、無事に済みました。

    アクビしている所を見て気づいた、上の犬歯が無い件も、このままで問題ナイそうです。



    『食事が普通に出来るなら、このままで問題ナイ。

    片方は根元から折れていて、片方は少し根元が残った状態で折れている。

    少し歯茎がかぶさって来ているようにも見える。

    ケンカか何かで折れたのかな。

    猫の犬歯は、歯茎の骨というか、上あごの骨に犬歯がくっついている状態だから、人間の歯のようにスポッとは抜けない。

    もし今のコレを何とかするなら、歯を抜くというより、歯茎を切開して、骨のような歯を削るという作業になる。

    これは、去勢手術の5倍くらいの時間がかかり、負担をかけてしまう。

    万が一、残った歯の根元や周辺の歯茎が、化膿したり炎症を起こすようなら、

    鼻水のように鼻から膿が出たり、くしゃみが出たりする。

    もしそうなったら手術した方がイイかもしれないけど、ほぼ必要ナイはず。

    いわゆるキャットフードを食べるなら、噛み切る必要がないから、猫に歯は必要ナイ。

    全抜歯でも問題ナイ。

    生活に支障がナイなら、このままでイイんじゃないかな。』

    とのこと。安心しました。




    こう♂を預けている間に、たまたま業者さんから連絡があって、こう♂の部屋の掘りごたつを無くすリフォームをすることになり、

    掃除ついでに模様替えもしてしまったので、このタイミングで環境が変わってしまって、かわいそうなことをしてしまいました。

    帰って来てから、部屋中偵察しないと、落ち着けませんでした。

    ナデナデ出来るくらいになってから、小分けにして水をあげて、ゴハンも少しあげると、棚の隙間に引きこもってしまいました。

    夜中の3時になってからまた、鳴きながら部屋中探索。

    朝5時までかかりました。

    そのまま朝ゴハンをあげて、いつもの量で食べれました。

    お昼休みに帰って来ている今は、ケージの中の座布団で香箱です。

    多少テンションは低いものの、相変わらずよくしゃべります。



    7/16保護。
    9/16去勢済み。
    エイズ・白血病、ともに陰性。
    検便、異常ナシ。
    ワクチン未。
    レボリューションにて、猫疥癬治療済み。


    ★猫疥癬について〜目次〜に戻る★

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM