スポンサーサイト

  • 2018.05.31 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    《びの》トライアル中−約1週間経過−

    • 2016.01.23 Saturday
    • 12:55
    相変わらずシャーシャーな、還暦前のお方。



    『エア左手』が出たり、右手で『空振り猫パンチ』も。

    まぁ、約10年ぶりに、こんなに近くで猫を見たんだから、そんな数日では無理ですよね。



    対して、相変わらず気にせず遊びまくるコ。



    たま♀の水を飲んだり、たま♀のトイレを借りたり、たま♀が居ない間に、たま♀の定位置の椅子にクネクネスリスリしたり。

    ちょっとは遠慮しなよーっていう状態です。



    昼間は、ケージの時間も長めに取って、出せる時に出したり、調節しているようです。(母が)

    《びの》がケージの中にいるか、開放してても《びの》が寝ていれば、たま♀は気になりながらも、普通に過ごせているようです。

    夜は、リビングとくっついている和室に、母が布団を敷いて、たま♀と一緒に寝ているのですが、

    その和室に《びの》のケージを置いたので、ケージ越しに、たま♀もいつも通りに同じ部屋で寝ています。

    夜は鳴かず、朝まで大人しく寝てくれるそうです。(ケージに慣らしていて、生活リズムが作れていて良かったです。)



    肝心の、たま♀のトイレ具合ですが、ベランダで済ませているようです。

    1:『しても良い用の植木鉢(園芸用の土)』か、

    2:パセリの植木鉢(パセリを育てるのは一旦諦めるそうです。笑)か、

    3:即席で用意した『発泡スチロールの箱に猫砂を入れたトイレ』で済ませているらしいです。



    園芸用の土は、固まらないし色も変わらないので、量とか色とかが分からないのですが、

    砂をかいた跡があって、濡れていたりするので、それで見分けてるそうです。

    即席トイレにもちゃんとしてあったそう。



    今までのたま♀のトイレに《びの》がしてしまったのも嫌だろうし(洗って砂を新しくした途端《びの》がまた使ったので即断念)、

    ゴハンは同じ室内で食べれても、トイレは落ち着かないみたい。

    即席トイレを、たま♀が居るそばに置いて(シャー言われて近づけない臨界域内に)、ベランダに出る時は一緒に出します。(八木さんのアドバイスです。)

    もともと1日1回のことも多く、もともとベランダで済ませることも多かったので(日向ぼっこのついでとか、パトロールのついでに)、今までとそこまで変わらないとも言えます。

    ベランダには、全面ラティスで柵をしていて、たま♀は無茶をしない性格と年齢なので大丈夫なのですが、でももちろん完全室内にするべきですが、こういう時は、たま♀の体調のためにはベランダも使い様だなーと思いました。



    フタリとも、今の所は体調を崩していなくて、少しホッとしています。



    スポンサーサイト

    • 2018.05.31 Thursday
    • 12:55
    • 0
      • -
      • -
      • -